ビューティー機能の使い方、前回は美白仕上げについてご紹介しましたが、今回は、顔をスリムにして目を大きくする方法についてご紹介します。

ビューティー加工画面の最初は肌メニューが選択されていますが、顔メニューをタップしてください。
face n eyes_step10_R


【顔認識】
まず最初に、顔認識が必要です。
顔メニューを表示した時に、このような画面になっていれば、顔認識が成功している状態です。
face n eyes_step01_R

「顔認識失敗」と表示されてしまった場合でも、手動で設定することができます。
目・口・あごを、手動で配置して設定してください。
face n eyes_step03_R

顔認識が終わったあとも、画面左の、顔マークのアイコンをタップすれば再度設定することができます。
face n eyes_step16_R
微調整をしたいときなど、適宜ご利用ください。

顔認識が正しくできると、いよいよ「顔」メニューと「目」メニューが使用できます。


【顔メニュー】
顔メニューでは、「スリム」のバーを動かすだけで、顔をスリムにすることができます。
face n eyes_step14_R
左右のバランスを変えたいとき(例えば、顔が正面でなく斜めを向いている場合など)は、「左右の強度」のバーを動かすことでバランスを調整できます。

また、画面の右にある「パーツ」にて、スリムにする範囲を指定できます。
face n eyes_step13_R
最初の状態では、ほほ・あごのエリアが指定されていますが、他に頭頂部・こめかみ付近も選択可能です。


【目メニュー】
目メニューでは、目を大きくすることができ、「目の拡大」のバーを動かすだけで、すぐに大きくなります。
face n eyes_step23_R
顔メニューと同じく、左右の強度も調整できます。


今回は、顔全体を少しスリムにし、目を多少大きくしてみました。
20131127_beauty_f_404

元の写真はどちらかと言えばキュートな印象でしたが、違和感なくぱっちりした瞳の小顔美人にすることができました!


顔メニューと目メニューを使えば、ちょっとしたメイクから、まるで別人!と言われるまで、様々な仕上げが可能です。
この2つを使いこなして、美しさに磨きをかけてくださいね!


関連記事:
LINE cameraが大幅アップデート!「ビューティー」機能と「ホーム」機能が追加!
ビューティー機能の使い方1:誰でも簡単にできる自然な美肌仕上げ
ビューティー機能の使い方3:タッチ補正・スキンケアでじっくりモテ顔作り