LINE cameraにはスタンプをはじめ、さまざまなデコレーション機能がありますが、今回は写真を切り取って加工する機能の中から、形を自由に設定して切り取りできる機能をご紹介します。
コラージュ作成の際などに便利な機能なので、ぜひマスターして使いこなしてください♪

写真の編集画面で、☆のマークの画面で「切り取り」をタップし、切り取りたい写真を選択してください。
クロップ3種001_R

写真の切り取り方法は、ハート型や吹き出しの形に切り取る方法もありますが、今回は好きな形に切り取っていく方法を選択します。
画面下の□のアイコンの右側にある曲線で描かれたアイコンをタップし、さらに3種類の切り取り方法から選びます。
クロップ3種022_R

では、それぞれの切り取り方法をご説明していきます!

カーブ
切り取りたい箇所を点で囲み切り取ります。
点と点の間をつなぐ線を曲線にすることができます。
手軽に自然な曲線で切り取ることができるので、それほど複雑でない形に切り取る場合にオススメです!

切り取りたい箇所を囲むように画面をタップしていきます。
クロップ3種005_R
タップした箇所には白く縁取りされた点が表示され、点と点が緑色のラインで繋がっていきます。

点の位置は後で調整できるので、気楽にタップしてください。

一番はじめの点まで繋げ終わると、画面下の方にバーが表示されます。
クロップ3種006_R
点の位置を調整したい時は、白く縁取りされた点を好きな場所へスライドさせてください。

画面の下の方に表示されているバーを左右に動かすと、緑色のラインのカーブの強さを調整できます。
右へ行くほどカーブが強くなり、左へ行くほど直線になります。
クロップ3種007_Rクロップ3種008_R
カーブの強さが決まったらバー右上のチェックマークをタップしてください。

点の位置やカーブの調整が終わったら切り取り終了です。


ドット
切り取りたい箇所を点で囲み切り取り、さらに点と点を繋ぐ線のコースも調整できます。
カーブよりも調整できる箇所が多いので、複雑な形を切り取る時に便利です!

カーブと同じように切り取りたい箇所を囲むように画面をタップしていきます。
タップした箇所には白く縁取りされた点が表示され、点と点が緑色のラインで繋がっていきます。
クロップ3種012_R
一番はじめの点まで繋げたら点の場所を調整していきます。

ドットでは白く縁取りされた点の他に、緑色のライン上にある点をスライドさせて形を調整することができます。
クロップ3種013_R

はじめにたくさん点を打っておくと、複雑な形が調整しやすくなります♪
クロップ3種021_R
細かい箇所は、画面を指で広げるようにして写真を拡大すると、作業が楽になりますよ!


ドロー
切り取りたい箇所を手描きの線で囲み切り取ります。
あっという間に切り取りできますよ♪

切り取りたい箇所を指でなぞるように囲んで切り取ります。
クロップ3種014_R
囲み終わる前に指を離してしまうと、切り取りラインが消えてしまうので、一筆書きの要領で一息に囲んでしまいましょう!
タッチペンなどがあると便利ですよ♪

囲み終わったら画面右下の「次へ」をタップしてください。
クロップ3種016_R

縁の設定をしていきましょう。

縁の設定画面では、切り取った写真にお好みで縁をつけることができます。
縁の太さを変更したい場合は、バーを左右にスライドさせてください。
クロップ3種010_R
縁の調整が終わったら、右下の「完了」をタップします。
縁が必要ない場合は、左端の「No Frame」を選択してくださいね。

最後に、通常のスタンプと同じようにデコレーションして完成です!
クロップ3種020_R
切り取って作成した写真は、☆の画面>スタンプ>左端の時計のアイコン>My Srtamps からいつでも使うことができるので、今回ご紹介した3つの切り取り機能をマスターして、いろんな写真を切り取って遊んでみてくださいね!